Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

ラッピングについての話                                                            Homeへ

 二種類の進物包装


包装は、大きく分けて、和式進物洋式進物がありますが、

この二つの進物形態の違いをよく知る必要があります


   【1】 和式進物

    【2】 洋式進物


これからの進物形態の傾向として、

決まった相手に儀礼的に贈り物をする場合を除いては、

のし や 表書き(和式進物)をしないで、ギフト(洋式進物)として 

包装紙にリボンをかけ、メッセ-ジを添えて プレゼントする傾向が増えてきています。

感謝の気持ちや慶弔の意を相手に伝える事に変わりはないので、

どちらも丁寧に包み上げる事が大切なことと思います。  

【1】和式進物について

  

    ① 和式進物におけるなめ包み

    ② 掛け紙

    ③ 熨斗、水引とその歴史


   和式進物は、古くからのしきたりがあるので特に注意が必要です。


  ① 和式進物における 【斜め包み】について


慶事や一般の進物では、裏で右かぶりとし、

二重になる部分を天(上あき)になるように包むのが正式な包み方です。

弔事においては、 裏で左かぶりとし、二重になる部分を流(下あき)となります。

   ② 掛け紙について


   裏から見た時、


      慶事、一般は      右が上に、

      弔事は          左が上に 重なります。 

和式進物に用いる掛け紙は、

冠婚葬祭の各儀式において、慶弔の儀礼表現の意味があり、

その目的を常に意識する事が重要であり、檀紙 または 奉書紙 を用いるのが一般的です。

通常は一枚で使用しますが、

結納や婚礼のお祝いの品々では白い奉書紙 あるいは 紅白の奉書紙を二枚重ねて使います。

現代では、一般的にはのし、水引が印刷された のし紙 や その他の掛け紙を使う事が多いので、

間違えないように選ぶ事がポイントとなります。

(内のし 外のしも地域ごとに差があり、注意が必要です)


掛け紙の表書きは、

贈り主から贈り先への気持ちを文字で表現する、短いメッセ-ジであり、大変重要です。 

また、無地のしはラッピング協会ではお勧めしていません。

適切なアドバイスをすること、 そして、誰が誰に持っていくのか、

お客様の立場と目的をよく確認した上で、

お客様のニ-ズに合った包装を心がけることが重要だと言っています。

(地域や風習によって違いもあるので、お客様からの指定にも注意が必要だと思います。)  

 のし(熨斗)紙、水引 の歴史とラッピング 包み作法


    ※ のし紙   のしがついた掛け紙をそう呼び、慶事一般の贈り物につけるもの。


      のしの語源は慶事に送る酒の肴『のしあわび』であり、

      伸ばす 永遠 の意味を込めて、送り先の発展を祈り、贈り物に添えました。

      よって、肴に相当する鮮魚、肉等の生ものを贈るとき や

      病気、災害見舞、弔事 では のし無し となります。

      また、神事において、 神饌(しんせん 神様の食べ物)をお供えする儀礼作法として

      生まれた ともされています。

      大正時代に、印刷された掛け紙が登場し、現代の和式進物包装として根付くこととなりました。

水引について

     贈答の習慣が始まり(古代日本)包んだわしを結び留めるものとして、使用されるようになりました。

    和紙を縒って(よって)コヨリ状にし、ヨリが戻らないように水のりを引いて乾かし固めたもので

    そこから 水引と呼ばれるようになった。

   しめ縄に似ている事から、  神聖 清浄 の意味も持つとされている。

   最初は白一色でしたが、   

   目上の人には 左右を紅白  で 、   

   位の高い人には 金銀で

   と、色を変えて用いるようになり、

   後に 

   慶事 と 弔事 など行事別に使用する水引の 色 や 本数 も

   使い分けされるようになったそうです。

    水引の結び目には、互いの心を結ぶ物事の成就を結ぶ   

    という気持ちが込められています。

 水引の種類


  ちょう結び(もろわな結び)   

        ちょうが何度も簡単に溶け、何回も結びなおせるという意味から、

       何度も繰り返したい意味を込めて婚礼以外 の 祝事、お礼、挨拶 の贈答に用いられる。


  こま結び(真結び)

       堅く結ばれ解けない(離れない)ことを願い、2度と繰り返さない願いを込めて

       婚礼 弔事 病気見舞い に使われます。


   あわび結び(淡路結び)

        婚礼のみ 10本簡単に溶けない事から、2度と繰り返さない事に使われ、

        互いの輪がお互いに結びあっていて、昔から重宝がられた【あわび】に似ていることから、

        いつまでもよきお付き合いを の 願いを込めて慶事 と 弔事 の両方に使われます。

        こま結びと同様、 一度きりのお祝い(結婚、快気祝いなど)や 弔事に用います。

和式進物まとめ


慶事、一般用進物の一般的な形態


裏で右かぶりとなり、

二重になる部分を天(上あき)となるように包んだ【斜め包み】という方法で包み、

のし紙(病気見舞いの時は、のし無しの掛け紙)を掛けるが、

掛け方は、裏で右が上になるようにする。


のし紙の種類は、通常のお祝いでは 結び目が何度も溶け、何度も結びなおせるという意味合いで、

水引がちょう結び(通常5本)のものを用います。


病気見舞いの時は、5本の紅白結びきりの水引で、のしが印刷されていないもの。(快気祝いはのし有りの結びきり)婚礼には、2度とない、結び目が簡単に解けない(離れない)ことを願い、

通常10本の水引で、結びきり、もしくはあわび結びになったものを用いる。


弔事進物の一般的な形態


裏で左かぶりとなり、二重になる部分を流(下あき)となるように包んだ【斜め包み】という方法で包み、

掛け紙の種類は、通常水引が5本の結びきりが印刷されたものを掛けるが、

掛け方は、裏で左が上になるようにする。(関西方面では 黄白 掛け紙も用いられる)

【 2 】 洋式進物について


掛けるリボンのちょう結びは、和式進物の水引に代わるもので、

洋式進物の基本とする結びで、相手に礼を示すものです。(水引と一緒につける事はありません


代表例   クリスマスプレゼント、誕生日のプレゼント

        華やかなイメ-ジの包装紙にリボンを掛けてその意図を表現します。

        リボンの掛け方も様々で、ポイントとしては、商品の大きさに合わせて掛け方を考え、

        進物(ギフト)が引き立つように美しく仕上げましょう。



ラッピング協会発行の書籍によりますと、

『ラッピングとは、贈るモノを介して、贈る側、贈られる側の気持ちや心を繋げて一つにするものであり、

大切な事の手助けをする、重要な仕事』 とあります。

進物を依頼されたら、まずは贈り主の気持ちを、先様に失礼のないようにお届けできるよう、

細心の注意と心遣いをする 心構えを持つようにしましょう。

まずは、商品包装の目的は 内容物の保護 、 商品価値を高める為に行うものであり、

丁寧 かつ 敏速に 行う必要があります。

美しく、きちんと包まれた商品は、商品価値が高まり、

また、お客様の買い物への満足感や購買意欲までも高めるものであると思います。